新千歳空港に到着した直後に耳にしたアナウンスに寄せて。

2016年6月3日
テーマ 
いつかこの『ひとりごと』で、空港は雨、そして夜が似合うとお話ししたと思います。

空港は出発の場所、嬉々とした旅立ちもあれば、あまり気が進まない、あるいは辛い出発もあるでしょう。空港は、様々な事情、用件で人々が集まった人生の縮図の感じもいたします。朝が来ない夜はない、雨は辛いことを流してくれる、どんな用向きであっても、人々は、ここを出るときは、前を向いているのでしょうか。飛行機が、後ろに飛ぶことができないように。

もともと私は、雨は嫌いではありません。

だいたいが雨男ですが、大切な人の結婚式は、ほとんど雨と言うとんでもない記録?を積み重ねてもおります。そして、空港を利用するとき、たとえ出発空港が好天であっても、到着地の天候は?のことがほとんどです。

ですから、羽田空港に帰るとき、出発した空港には、よくビニール傘を置いていきます。でも空港もさすがです。私のような空港利用客がいるとわかっているのでしょう、例えば関西空港では、ちゃんと不要になった傘を返す?傘立ての場所があるのです。

機内にいるときは、雲の上ですから、外が雨と言うことはありません。着陸態勢に入って高度を下げ、地上が視界に入るようになってくると、外は雨があるのです。出発空港と到着空港がいずれも雨は珍しいですが、両方とも晴天も、そんなにあったように思えません。

そんな経験をすると、地図では狭い日本も広いなと思うのです。今朝の東京はとても良い天気です。今、羽田空港に向かう途中で、ここまで書き上げました。

さて、羽田空港から向かった先は、新千歳空港です。羽田空港で見たニュースで、昨日北海道では、雪が降ったと報道されていました。放映された道東北見峠は、真っ白でした。さすが6月にこの寒さはないと、地元の方々も驚いた様子です。

IMG_0384 IMG_0375
さて、まさか?と思って着陸した新千歳空港は雪……ではないですよ。でも、雨でした。この時期北海道が雨だったことは、雨男の私でも、あまり経験しないことです。新千歳空港から札幌に向かうに従い、雲は厚くなるようです。いっぽう、九州地方は、今日あたり梅雨入りだと予想されます。

搭乗便の機内誌に、北海道から沖縄に家族旅行した方が、3回の乗り継ぎしたと、思い出を投稿されていました。どこを経由したかは書かれていませんが、地理に詳しいを自負する私は、およそ想像できます。このご旅行、本当に出発地と最終到着地とは、天候は大きく違うでしょう。そんなことを思いながら到着した空港のボーディングブリッジを渡ったところで、搭乗便の空港地上係員が、乗り継ぎの案内をしていました。例えば福岡空港から羽田空港に到着すると、出口にある黒板みたいな案内板に、例えばJAL○○○便女満別とか、ANA○○○便庄内なんて書き出されていることがあります。

でも、今日は、ちょっとビックリしました。東京羽田空港から新千歳空港に到着した搭乗客が、ここで乗り継ぐのは『静岡』と聞こえたからです。

航空会社の係員が、この乗り継ぎをするお客様を迎えていました。確かに、新千歳空港と富士山静岡空港を結ぶ便があることは知っていました。

フジドリームエアラインズが運航しています。でも、東京から新千歳に向かう途中、よほどのアクシデントが起きたか、よほどのマニアの方でなければ、このような利用の仕方はしないでしょう。あるいは溜まったマイレージを無料航空券に替えるべく、こんな旅をお考えになられたのでしょうか。

さらにさらに、航空機の中から、近くの富士山を見たいから……かな?これもこの『ひとりごと』でお話ししましたが、航空路線は、富士山の近くは回避する例です。だから空港近くで、高度が低い路線を選んだとか。いろいろ気になります。気になって解決?できないまま、快速エアポートは、札幌駅に到着しました。

さあ、仕事です。

 

北海道内を走る特急オホーツク等が、運転区間変更、減便を行うとの報道に寄せて。

2016年6月2日
テーマ 

昔鉄道少年だった私は、よく時刻表を見ていました。

 

そこには全国の国鉄の鉄道網の地図がありました。昔はたくさん鉄道があったと思います。特に北海道は多かったですね。

国鉄分割民営化後、次々に鉄道は廃線となりました。分割民営化を進めた方が、なんで国鉄はダメなのかを説明する例として、元北海道のある路線の駅員だった人が、国鉄が無くなった後に関東地方の会社に就職したけれども、あまりに人が多くて忙しい!を理由に、数日で退社したと言うのです。

 

なんでもその方は、1日2本しか列車が来ない駅につとめていて、仕事とはそういうものだと信じていたからだとのオチを言いたかったのでした。 私はその例を聞いて、あまりいい気持ちがしませんでした。1日数本しか来ない駅に人員を置いたことは、今風に言えば経営のあり方として議論されるにしても、それは駅員さんの責任ではないでしょうと思います。

 

国鉄分割民営化が悪いとは言いませんが、なんか経済効率を言う人たちって、人をバカにしてるなと、そのころから感じました。 これはある地方の駅のことでしたが、SLすなわち蒸気機関車を追うために、この駅にやってきた中学生の私たちに、駅員さんが、外は寒いからと言って、駅舎に招いてお茶を出していただいた経験もあります。

 

私たち都会の子どものつまらない話に、皆さん付き合ってくださいました。きっと過疎と言われる地域の駅は、こんな感じなのかなと、人情を実感しました。 地方は、自動車社会と言われます。東京で生まれ育った私は、都内を車で移動するという発想がなかったので、運転免許は持っておりません。酒を飲みますので、自己防衛でもあります。しかし、地方では、鉄道と車、高速バスは競争関係にあるようです。

 

特に北海道は、その様相が強いようです。札幌から網走・知床あたりまで、高速バスが運行されています。札幌・小樽、札幌・旭川等の『幹線』でも、鉄道よりバスの本数が多いくらいですから。新千歳空港・札幌市内間を結ぶバスは、『快速エアポート』よりも、数多く運行されています。 そんなJR北海道で、ひとつ発表がありました。札幌・網走を結ぶ特急『オホーツク』、札幌・稚内を結ぶ特急『宗谷』『サロベツ』が、運行本数が減り、運行区間が短縮されるようです。この特急、いわゆる電化区間外も走行するため、気動車つまり昔風に言えば、ディーゼルカーが運行されているので、スピードもかなり遅いですし、電力代もかかります。建前は、利用客が少ないを理由にするわけですが、実は車両が老朽化したことで、やりくりを工夫するのだそうです。

 

石北本線・宗谷本線の起点旭川駅からの運行にすることで、数車両を浮かせることができる計算です。これは、『新車両』を購入する財力がないからだと報じられていました。 特急オホーツク等に使用される車両は、32年経過しているそうです。家であれば、とうの昔にリフォームしていたでしょうし、35年ローンと言われるように、築30年もすれば、かなり物としての価値は減殺されているであろうことは否定できまん。

 

特に厳しい自然と向かい合う北海道です。それは傷みもするでしょう。でも、新しい車両を買えないとは……。順次廃車になれば、結局この特急の運命は……。 この『ひとりごと』でも書きましたが、今年北海道に初めて踏みれた新幹線。しかし、北海道新幹線の座席利用率は20%から30%と見込まれています。それなのに新幹線を通さなければならないのは、何かJR北海道、民間会社でありながら、経営に柵があるのかとも思えます。

 

いっぽうでは、不採算路線を理由に、この春根室本線釧路根室間の列車は、多く減便となって、根室・札幌間の日帰りは、不可能になりました。企業として利益にならない、しかし、道民の利便にならないことをやらざるを得ないのは、鉄道会社を私企業にしたことと、どのような関係になるのでしょうか。 JR北海道は、1民間企業です。しかしその歴史と公共性に鑑みれば、他のJRが協力して、あるいは航空会社に対する公的資金投入のように、政治の責任において支援することはできないのかと思います。

 

これまたいつも言う、共存共生の考え方、分配の必要性です。かつて政治の判断で、銀行に対する公的資金の投入がなされました。その結果蘇った銀行は、その御礼に、国民に対してではなく、これを立案遂行した政権与党に巨額の政治献金を行いました。

 

JR北海道だけではないのかもしれませんが、困ったところ、お金に苦しむところに政治の責任において資金を投入したならば、蘇った暁には、『見返り』があるかもしれませんよ。

 

あっそうか。利益誘導型の政治はしないとのことでした。でも、銀行と鉄道とどう違うのでしょう。また、東海道新幹線を運行するJR東海、首都圏を本拠とするJR東日本でも、政治は手を差し伸べないのでしょうか。遠い北海道のこと、何か他人事のように思ってしまうのが、首都圏に住む人間の冷たさです。

九州旅行が最大70%割引に!政府の九州支援策発表に寄せて。

2016年6月1日
テーマ 
観光庁は先月末、熊本地震の復興支援策として、九州への旅行商品を、最大70%割引く助成を行うと発表しました。これは、政府が今年度補正予算で計上した熊本地震復旧等予備費7千億円の中から、180億円を充てることを閣議決定したことを受けての取り組みです。

政府曰く、「『九州の観光復興に向けての総合支援プログラム』を策定した。その目的は、『観光は、九州経済を支える基幹産業であり、観光産業への被害は、他の産業にも多大な被害をおよぼし、中小企業の経営や地域雇用にも深刻な影響をもたらしかねない』から」だそうです。

このこと自体はまことにごもっとも、遅きに失した感さえあります。消費税率アップの見送りを決めた翌日に、安倍晋三内閣総理大臣率いる政府は、「熊本地震は大震災』と認識されたようです。さて、これからです。九州に関係する知人が共通して言われるのは、「とにかく九州に来てください。地元の物を買い、飲食宿泊してお金を落としてください」でありました。人が来ることだけでも活気が生まれ、元気になるのだそうです。


人々が九州に行きやすくなるように、ツアー料金を割引く等の誘引は大切です。国の補正予算の中からお金が出ることが、とても意味があります。常々言うように、あらゆるところ、あらゆる手段方法により国家予算となったところから、困っている人や場所、弱っている人や弱体しているところにお金をを出すのは分配共存の論理を進めるもので、私が強く願う政策です。

これからの九州、梅雨そして暑い夏となっていきます。私のイメージする九州の夏は、博多祇園山笠と桜島の噴煙です。7月1日から15日朝までの博多祇園山笠については、きさらぎ法律事務所旧ホームページ『よかとこ九州』で、繰り返しご案内しました。今年も、山笠期間中、福岡博多に参上しますよ。また、鹿児島のシンボル桜島、夏になると風向きの関係で、錦江湾の対岸鹿児島市内中心部に、灰が降り積もります。


さらに暑い南国の夏になると言われます。そんな暑い九州、ぜひ皆さん行きましょう!

でも、暑いのは九州だけではないかもしれません。消費税で苦しめられている庶民は、今回の心から安倍晋三内閣総理大臣のご決断を歓迎できるでしょうか。社会保障費はどうなるの?それどころか赤字国債の発行残高は、大企業への減税をしてもいっこうに減らない中、参議院議員通常選挙前に配ると発表したひとりあたり現金30.000円の『財源』は、予備費を計上したくらいですから、今回の熊本地震の九州支援のように、本当に困っている貧困家庭の皆さまに対して、お金を分配して共存を図るべきではありませんか。そんな暑い声が聞こえてきそうなこの時期の九州支援策です。


頑張れ九州‼︎応援しています。

 

羽田空港が、長時間にわたって滑走路が閉鎖された事態に思う。

2016年5月30日
テーマ 

伊勢志摩サミットが行われ、アメリカ合衆国オバマ大統領が広島市を訪問した5月27日、東京羽田空港で、離陸滑走中の大韓航空機の左側エンジンから火が吹き出た重大インシデントと認定されたアクシデントが起きました。

 

機体は離陸を中止、乗客は緊急脱出し、大きな怪我をされた方はおられないとのことで、大事に至らなかったことは安堵されたかと思われます。ただし、これがために羽田空港は、長時間に渡って全ての滑走路が閉鎖され、その後徐々に再開されたものの、欠航や遅延、到着地変更等、利用者には大きな影響が避けられなかったと伝えられています。

 

 

このニュースは、厳戒態勢が敷かれた時期と場所で起きたことから直ぐに報道され、ニュースを見ればすぐに『特定』されますから、『ある航空会社』なんて面倒は言わず、この『ひとりごと』でも大韓航空機と書きました。なんか気を使うの面倒ですね。特に日本の近隣複数の国や人・法人等が絡んだときは、発言に留意を要するのがとても窮屈です。もちろん私は、特定の国や民族に、特別な感情意識はございません。 この重大インシデントのために、広島市に向かう予定の国会議員が移動できなくなったことが報道されていました。

 

また、折から月末の金曜日でもあり、普段のビジネス客のほか、単身赴任の方、旅行者等約6万人が影響を受けたようです。それにしても一時期とは言え、羽田空港にあるAからDまでの全ての滑走路が閉鎖されては、全国的に大きな影響が出たことは想像に難くありません。この日私は、空港を利用する用事はありませんでしたが、ある私用かありまして、あるいは空港から来る人がいるのではないかと気をもむ状況にありました。

 

 

ひとたび空港で何かあると、影響を受けるのは、利用できない当人だけではないことを認識した次第です。 この日空港で足止めを食った方は、最初はまた犬でも入ったのか、あるいはサミットに標的を合わせてテロかとも思われたと感想が述べられていました。機内にいた方の話として、「緊急脱出を行っている航空機があります。当社ではありませんが」のアナウンスが流れたと言っていました。なんか余計ですね。私も数年前、搭乗中の航空機が羽田空港への最終の着陸態勢に入った後、緊急着陸を許可された航空機を優先するため、しばらく待機しますとのアナウンスを受けた経験があります。

 

このときも、最初のアナウンスは、「当機ではありませんが」でしたが、やがて時間経過とともに、「当社の便ではありませんが」に変わりました。

 

コレって余計なアナウンスだと思います。「当機ではない」は、搭乗客を安心させるために必要かもしれまんが、あたかも搭乗客から、遅れによるクレームが起こるのを予想して、先手を打ったように見えます。それに、緊急着陸や緊急脱出に遭遇した便の乗客や乗員は、緊張の最中にあります。「当社ではない」が、なんか他人事に聞こえてしまうのはなぜでしょうか。 羽田空港が国際化され、海外の航空会社も多く入ってきました。都心に便利な羽田をうたうのと同じように、韓国なら仁川ではなく金浦、台湾なら桃園ではなく松山が便利だとされます。

 

それで各国では羽田乗り入れが希望され、また、最近ではLccの羽田参入も決まったようで、さらに国内国外とも羽田空港への集中が起きるでしょう。これは、日本国内いつも首都圏集中が言われるのと同じ場面にあります。 しかし、ひとたび空港でアクシデントが起こると、影響は多岐にわたることが避けられないことを意味します。

 

国会が東京にあるがゆえに、広島市へ行けなかったのです。アクシデントそのものは、いつ、どこで起こるかわかりませんが、首都圏で暮らす私は、一極集中が齎す脆さを感じることが多いです。これもよく『ひとりごと』でお話する首都圏の鉄道相互乗り入れの便利と不便もしかりです。

 

今回は、航空機のエンジン火災と言う重大インシデントが起きたわけですが、滑走路に鹿や犬が入っても同じことです。不便かもしれませんが、一極集中を緩和し、危険の分散が必要ではないかと考えさせられました。

 

安倍晋三内閣総理大臣は、消費税率アップは、ご自分の総裁任期中には行わないようです。

2016年5月29日
テーマ 
伊勢志摩サミットが、閉幕しました。

いつも政府与党を持ち上げる新聞社は、早速安倍内閣の支持率が10%アップしたと報道しております。それはそうでしょう。

予想したとおりオバマ大統領の広島訪問、沖縄での事件への抗議、消費税10%アップを2年半延期する等、それは支持率上がりますよ。でも、ちょっと待ってください。

官邸や自民党が大嫌いな新聞社は、安倍晋三内閣総理大臣の発言に批判的です。何がって?。消費税率アップを先延ばししたことです。なぜかこの消費税に関してだけは、日頃の政府与党から、批判的・好意的な言辞を頂戴する新聞社への評価は、逆転しているのです。もちろん私は、消費税そのものが天下の悪税だと思っているので、あたかも消費税率アップをすべきてまあるかの新聞社の論調は、是としません。この新聞社曰く、「消費税によらなければ、社会保障費の財源がない」ですって。この新聞社、本当に政府与党を信じているのですね。実は、安倍首相のファンですか。

この『ひとりごと』で常々言うように、民主党最後の内閣総理大臣野田佳彦氏と、当時は最大野党の総裁だった安倍晋三氏、国会で、国民注視の党首論戦しましたね。その前に、いわゆる三党合意で消費税引き上げが決められ、法律化されました。これは、お人好しなのか、歴史に名を残したかったのか、野田佳彦氏、財務省の目論んだとおり、これまで先送りされていた社会保障費の財源不足に関して、消費税を充てることを決めました。


つまり、これまでの自民党政権下では、選挙が怖くて増税できなかった、そこで、「三党が合意したのだから、もはや増税が選挙の争点になることはない」と合意し、なんと民主党政権のもと、消費税率アップが決まったのでした。そして、三党合意の中には、消費税は、全額社会保障費に充てることは当然とされていたわけです。そう信じているこの新聞社の論調でした。

でも、私は、そんなの信用していません。実際、自民党政権になって、消費税は、全額社会保障費には充てられていません。それで、社会保障費の財源不足を言いながら、アベノミクスの成果なのか約束なのか、法人税を減税したうえ、大企業には、『政策減税』をしています。おかげで大企業は空前の高収益を上げ、銀行までも与党に政治献金しました。これで庶民に等しく負担がかかる消費税、アップできますか?要は、民主党が泥を被ったは良いが、アベノミクスの果実は庶民に落ちて来ないゆえに、デフレ脱却どころか、ここで消費税をアップしたならば、消費を苦しくするだけです。この経済政策、ハナから庶民を向いておりません。消費税アップの前提を欠いているのです。

この『ひとりごと』でも書きましたが、安倍晋三内閣総理大臣、熊本地震に随分冷たいですね。

曰く、「リーマンショック、大震災が起きない限り、消費税率は予定とおりアップする」と、震災直後の4月に言いました。熊本地震は、大震災じゃないのだそうです。このときは、消費税率アップを止めたら、アベノミクスの失敗だと野党から言われたり、本当は、やりたくてやりたくて仕方ない衆議院解散総選挙の理由とするために、すなわち、「消費税率アップを見合わせて良いか、国民に聞いて見たい」と言いかったからです。しかし、これも、この『ひとりごと』で書きましたが、衆議院解散総選挙と言う千載一遇のチャンスを、生かすことはできなかったようです。

衆議院を解散しないで消費税率アップを見合わせる理由として、安倍晋三内閣総理大臣、伊勢志摩サミットでの各首脳による意見が一致したと言っています。曰く、「世界経済のリスクを回避するため」ですって。これは、明らかなウソですね。世界経済は、リーマンショックのころの危機的状況を脱したと言うのが各国一致した見解でしょう。安倍首相、今後先のリーマンショックのような経済危機が起きかねないから、世界各国は、それを予知した経済政策を行うべきだとひとり仰っています。でもこの理屈おかしいですよ。だって、熊本地震が大震災だと認めない理由として、「リーマンショックのような経済危機や大震災が起きない限り…」と自ら仰ったのです。


しかしながら伊勢志摩サミットのときには、風雲急を告げ、リーマンショック級の経済危機に世界は見舞われたとのご認識に、立たれたのでしょうか。

参議院議員通常選挙の直前に、消費税率アップの見合わせを、正式に表明されるそうです。野田佳彦氏との約束のもと、「もう、税金は選挙の争点としない」はずでした。でも、増税を見合わす、先延ばしすることを、選挙の前に表明することは構わないのでしょう。


折角三党合意と言うかたちで、民主党の自滅によって生まれたアベノミクス、消費税率アップができないのは、庶民にトリクルダウンは起きていないし、そもそももともと安倍首相は、アベノミクスはトリクルダウンではないと言われました。消費税率アップの先延ばしは、アベノミクスの失敗ではなく、アベノミクスって経済政策は、庶民に向けられたものではなかったことをハッキリ仰れば、スッキリすると思うのですが。


アベノミクスなるものが成功したか失敗したか議論することは意味ありません。大企業等金持ちには成功と言うか有難い、しかし庶民、特に格差に苦しむ層には、本当に経済的弱者は這い上がれない仕組みだとなるからです。そういう意味では、消費税率アップしなくてよかったです。

安倍晋三内閣総理大臣、ご自分が総理総裁任期中には、増税しなかった歴史に名を残す宰相になるでしょう。問題を先送りしたなんて、盟友野田佳彦氏の決断により、もう言われませんから。